武録


『五人の兼続』

暑いですね!なーんか短い夏ですが、それでも夏してるんだ・・・
さて、大老・奉行制度がここで出てきましたね〜。なるほど、シナリオ的にはナイスアイデア!
・・・がしかし非難も多いだろうなぁ。まぁこの制度自体どこまでホントなのか?という議論もありますので、その辺りはまた別の機会にということで。それよりやはりここでも来ました名演!まずは石田小栗の泣きっぷりはあっぱれ!小栗旬ってただのイケメンかと思ってましたが、ホントに美味いっすね。それと何より家康松方でしょー。大老制度に組み入れられて締まった時のあの演技!いや、凄すぎ。息をのみますね。
さぁこれで関ヶ原への舞台が揃ってきました。あとは直江状を待つばかり?!

2009.08.17  Comments(0)

『世継ぎの運命(さだめ)』

いよいよ、いよいよ!関ヶ原が近づいてきた雰囲気ですね。
火種がちらほら・・・
今回は毛利の老獪な雰囲気が◎でしたねー 叔父の小早川との年齢差が気になるところですが、毛利輝元というより「毛利家」=老獪というイメージを中尾彬が名演!そして相変わらずの家康=松方弘樹のこれまた快(怪?)演!「治部少・・・ちと、物語でもしてゆかぬか・・・」これは迫力満点。
でも何より良かったのが2つ。
景勝が上地秀秋に「某も上杉の養子であった...」、そして兼続が三成に「耐えろよ...」
この2つは泣けましたね。
kanersugu_pa_front.jpgmitsunari_pa_back.jpg

というわけで、そんなお話を戦国BARで如何でしょう。次回の開催は木曜日13日です。この日は2000円で飲み放題!(ビール除く)、女性は驚きの1000円です。ぱーっと楽しく夏の夜を過ごしましょう。お待ちしております!

2009.08.10  Comments(0)

天地人→【戦国bar】メディア情報

いやぁ、やっとたまってた録画分を見終えました!
なかなか秀吉の奥が騒がしい事になってまいりましたね。これも関ヶ原への布石でしょうか?賛否両論ありましたキャスティングもここに来て素晴らしい演技力を見せているのではないでしょうか。特に小栗三成はよいですねぇ、あの鼻で笑う感じが名演技。とはいえ結局前田慶次郎も出ないまま流されて行く脚本のお粗末さは・・・

なーんて、大河のお話でもしながら一杯いかがですか!

DSCN0552.gif

【戦国bar】天下布武主催08-12

毎度の戦国BAR、次回はお盆の入り口13日木曜日となっております。
そして八月は特別企画として男性2000円、女性1000円で飲み放題(缶ビール除く)とさせて頂きます!
皆様お誘い合わせの上ぜひお越し下さい。

場所:渋谷無銘食堂⇒http://mumei.co.jp/
渋谷区宇田川町41-26 パピエビル2F

道順
1. 渋谷駅ハチ公口からスタート。
2. センター街を歩く。突き当たりのウェンディーズまで歩く。
3. 突き当たりを右に曲がってOUTBACKを左に曲がる。
4. にぎやかな居酒屋の先に現れる焼肉屋さん(清香苑)の向かいがパピエビル。
5. 二階の右手奥が『無銘食堂』。ビルは茶色いタイル張りで、店の壁は白塗りです。


そして【メディア情報】
8月7日(金)22:00〜
テレビ東京系「たけしのニッポンのミカタ」にて【戦国bar】ご紹介頂きます(予定)
番組公式HP
http://www.tv-tokyo.co.jp/mikata/

一応予定ですのでどの辺りどれくらい使って頂けるのはわかりませんが、兎に角語っております。乞うご期待!

2009.08.06  Comments(0)

本能寺の変→秀吉の罠、光成の涙→真田幸村!

いやぁどうも。長い間さぼってしまいました。
さてさてそうしている間にも「天地人」はどんどんと進んでおりますな。
まずは本能寺の変
日本史の中でこれほどエポックメイキングでミステリアスな事件は無いのでしょうか!?私も大変楽しみにしてました!それにしてもかなり過激に描かれましたねー。今回ストーリーの流れで明智光秀の登場はそんなにありませんでしたが、炎の中の吉川=織田信長やはり魅力的!そしてなぜか上杉謙信との問答(これは怪しすぎ?)。果ては爆破!?ですよ爆破!なかなか今までないですよねぇ。びっくりしましたが、まぁとにかく謎が多い訳ですからそれもありか・・・
そしてその本能寺の変に奇しくも救われる形になった上杉景勝/直江兼続主従。そこへ乗り込んでくる豊臣秀吉/石田三成ということでしたが.....小栗三成はええ男に作り込まれてますなぁ〜
想像通りの堅物に作り込まれてますが、友達がいないとは... おい!刑部はどうした?!と突っ込みたくもなりました(^^;ま、ドラマだしこんなもんですね。・・・・と思っていたら戦国一ロマンチックな男真田幸村の登場!キャスティング発表当時は「なんだ?!ハーフか?!」と思いましたが、意外や意外。これはこれでなかなかはまってますね。まぁ幸村のイメージ自体色々ありますから、ああいうちょっと無頼なのもありかな?と思いますが、泉沢久秀と槍試合は面白かった。NHKもああいいった映像手法を使うんですね。なんだったらワイヤーぐらいまで使って飛び回れば面白いのに(^^)
ともあれ多少のストーリー上のバタバタはあれど、幸村が登場しました。あとは前田慶次郎が、いつどうやって、そもそもキャストは誰で出てくるのやら....楽しみ!
おっとその前に次回は「愛の兜」ですな。こんなのも作ってみましたのでよろしかったらどうぞ...

2009.06.05  Comments(0)

魚津城攻防!

天地人第十八話「義の戦士たち」 いよいよ魚津でしたねー。個人的には直江の見せ場としてはまずはこの魚津城の攻防かと思っていました。お館の乱も確かに重要なところだとは思うのですが、やはりそこは内戦。どうしても内向きです。それよりも家老として対外的にどのように対応するのか?さらにその動きによる内部の調整をどうとるのか?どのような組織でも広い視野を持とうとするもの(あるいは持っているもの)は必ずぶち当たる壁に直江が思い悩み、そして行動する様がイカスんですよねぇ!これはもう現代でも十分通じる!あ!だから今年の大河は直江(中間管理職)なのか・・・ さて次回は織田信長がいよいよ本能寺の変で暗殺されてしまいます。予告では上杉謙信と話していましたが、あれはあの世?それともギリギリ三途の川の河原か・・・?

2009.05.06  Comments(0)

直江兼続誕生!

皆様こんにちは、天下布武プロジェクト頭領のzenでございます。 しばらく情報出しだけで使ってっておりましたこのブログ。もう少しいろんなお話に活用できればと思い、なんだかんだと登場する事にしました。以後お見知り置きを。 さて、今年の大河ドラマ「天地人」皆様見ておられますでしょうか? 賛否両論色々渦巻いておりますが、むしろ私としてはそう言った話題が出ている事自体が驚き!個人的には非常に尊敬する武将「直江兼続」ですが、一地方大名の若家老にすぎません。おそらく知名度は低かったはず。それが全国放送になり話題を振りまく事になろうとは...やはり大河は影響大ですねぇ。こわっ! さぁ、そんな「天地人」。いよいよ樋口兼続→直江兼続に今週なりました。上杉謙信の死、以降混乱する上杉家、その中で存在感があがってくる兼続。そしてさらには織田信長との直接対決が迫ってきますね!いやぁ、楽しみ楽しみ。はたして来週「魚津城」との関係をいったいどのように描いてくれるのか?信長の死をどのように受け止めるのか?そしてその後にやってくる秀吉いやいや石田三成との対面がどうなるか?わくわくしております。 それにしてもお船素敵すぎ。トレンディー世代の私には、あのお船の振り返り様の笑顔にはやられます。 ではでは。

2009.04.27  Comments(0)



CALENDER

2009 December
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


RECENT ENTRY


ARCHIVES